フードプロセッサーの威力

フードプロセッサーは毎日の献立作りに大変便利なアイテムです。
フードプロセッサーは刃をモーターで回転させることで食材を切り刻む調理器具です。
デパートの実演コーナーやTVの通販番組などで野菜やお肉などを見事にあっという間に細かくする場面を目にしたことが1回はあると思います。
今ではまぜる、きざむ、おろす、という基本的な機能に加え、スライスする、ホイップするという機能を持ち合わせたものも人気があります。
フードプロセッサーではクイジナート、アムウェイ、テスコム、ナショナルなどのメーカーが人気です。
ナショナルはわかりますが、他のメーカーはどういう会社でしょうか。
1番人気のアメリカ・クイジナート社は電気調理機器フードプロセッサーの開発に成功し、米国で販売開始した老舗メーカーで日本のメーカーと業務提携して国内でも販売しています。
アムウェイはクックウェアで知られる、調理関係の商品販売で有名な会社です。
クックウェアは結婚祝いに贈られることが多いですね。
テスコムは「ジューサー」「ミキサー」部門でるGfK Certifiedを受賞、これはカテゴリー毎に1年間の販売数量シェアの最も高かったメーカーに与えられる賞です。
フードプロセッサーは面倒な魚のすり身や肉のミンチがらくらく作れます。
また目が痛くなって困るたまねぎもあっという間にみじん切りに。
焼き魚などに欠かせない大根おろしも普通にすると面倒ですが、見事に一気に出来上がります。
赤ちゃんがいる家庭では離乳食作りがとても便利。
またフルーツを凍らせて砕くと、100%のシャーベットができますし、作るのが面倒な野菜スープも簡単。
料理にパンに、デザートに大活躍する調理器具なのです。
最近母親の手料理を食べる機会が少ない子供が増えているそうです。
共働きも増え、出産後も勤める女性が多くなったので、なかなか料理を作る時間をとれないケースも。
フードプロセッサーは刻む、混ぜるなどの下ごしらえの作業を簡単で手早くできる道具なので、忙しいママの頼もしい味方になってくれます。
大量にまとめて作ることができるので、時間があるときにまとめて作って冷凍し、食べるときにその都度調理できてとても便利。
フードプロセッサーを使い、おいしい手料理を子供と囲んでみませんか。




RSS関連リンク


クッキングと大工仕事


コーンクリームスープ、今日はサルサとピーチスムージーに挑戦。
サルサにはいろんな種類のみたことのないハラピーニョやペッパー、ライムを搾って、オニオンや野菜をフードプロセッサーで刻んで、ガーリックもたっぷり入れて作ってみました。
娘にもトマト切りやライム絞りを手伝わせて、大量に作りまし



代官山に家電ブランド「デロンギ」世界初


を提供。
エスプレッソは、店舗カウンター前で実際に作り方を体験できる。
2階にはデロンギ商品を一堂にそろえたショールーム兼ショップも開設。
フードプロセッサーやオーブンなどのキッチン用品に加え、主力のオイルヒーターも紹介。
「デザイン性だけでなく『質重視』の製品に触れることで、ブランドだけ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。