離乳食だってバッチリ

貴方のキッチンにフードプロセッサーはありますか?ジューサーやミキサーなどに比べ、大変幅広い利用法があるフードプロセッサー
単にまぜる、きざむ、すりおろす機能だけでなく。
オプションをつけることでスライス(薄切り)や、細かくカットしたり、ホイップすることまでできます。
大抵の料理作りの下ごしらえに出てくる作業をこれ1台でほとんどまかなうことができる優れものの調理器具なのです。
おかずだけでなく、離乳食や生ジューズ、パンやケーキ作りにも重宝します。
家庭に普及するにつれ、より性能がいい、機能性が高い、使いやすいなど、フードプロセッサーの性能もアップしています。
フードプロセッサーはクイジナート、アムウェイ、テスコム、ナショナルなどのメーカー品の人気が高いですね。
価格も1万以下から高性能なものは数万したり、その性能や価格によって自分の使いやすいものを選ぶことが出来ます。
自分用だけでなく、家族のために購入したり結婚のお祝いに贈る人も多いようです。
フードプロセッサーは面倒な魚のすり身や肉のミンチがらくらく作れます。
また目が痛くなって困るたまねぎもあっという間にみじん切りに。
焼き魚などに欠かせない大根おろしも普通にすると面倒ですが、見事に一気に出来上がります。
赤ちゃんがいる家庭では離乳食作りがとても便利。
またフルーツを凍らせて砕くと、100%のシャーベットができますし、作るのが面倒な野菜スープも簡単。
料理にパンに、デザートに大活躍する調理器具なのです。
フードプロセッサーは頭が痛い毎日の献立に、大いに役立ってくれます。
適当に切って入れるだけであっという間にみじん切りやペーストができるので、子供も、ついつい面白くて手伝ってくれそうです。
野菜嫌いの子供に野菜を食べさせるのは大変ですが、フードプロセッサーは原型をとどめないくらい細かくするので、カレーやシチュー、ハンバーグなどに混ぜて入れても気づかれないと、ママに好評です。
すりおろしも簡単なので、にんじんケーキやかぼちゃプリン、ほうれん草のパイなど、野菜をお菓子に混ぜて食べさせることもできますね。




RSS関連リンク


フードプロセッサーとは


RSS関連リンク フードプロセッサー が仲間入り ついに電動の フードプロセッサー が家に。
今までは手動で回すプロセッサーしかありませんでした。
でも豆腐クリームがフワフワに作れないし、 カボチャやアボカドのポタージュもなめらかにいかないし、 彼にお願いして、小さくてかわいい フード ...フードプロセッサー でクッキーを



シーフードのパスタ


毎度おなじみ、 ※海老の殻で だしをとった トマトソース ※海老の殻をニンニクとオリーブオイルで炒め ワインを注ぎ、フードプロセッサーで砕いたもの。
これを漉して使います。
イタリアンパセリをトッピング


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。